キリスト教葬儀やお墓の相談やサポート

キリスト教葬儀お墓の相談やサポート。

父上のために基督教メモリアル礼拝を、お嬢様よりご要請いただきました。

ご年配でご逝去されたため、姉や妹様はすでに召天されているため、遺族だけでのキリスト教信仰者告別式をご依頼くださいました。

お父上もご家族も、特定の教会には入会していないのではありますが、信仰はおありで、ご自宅にてご家族と一緒にお祈りを行うことがしばしばおありだったようです。

お義父さんが神さまを信じてご逝去されたために、ご家族は痛みはおありながらも、天国に召されたということを確かに信じているご様子でした。

キリスト教のお墓

日本で生活している人が基督教を信じようとするとき、取り組まなければならない悩みとは代々のお墓についてが多いと思います。

一人っ子であるため代々のお墓を守らなけらばならない方。

亭主が仏門の墓石を継いでいる系統であるから、自身もそこへ納骨しなければならないキリスト教を信仰している奥様。

夫婦で信じている宗教が別々の際、お墓をどうするのか。

お墓っていうのは、縁類にしてみればものすごく重要性のある事柄ですから、親族争いになることが多いですよね。

クリスチャンがお墓をつくるのは、復活の時のために安置しておくためです。

世界の終わりには、すべての人々が生き返って、最後の判決を受けなければならないというように聖書の黙示録で伝えられています。

まったくを持って、体と関係がないわけではない。

イスラエルの地域にあるオリーブ山では、イエスさまの再臨の時に真っ先に肉体が永眠した状態からよみがえらされて、携挙されて欲しいと、多数のビリーバーが石棺を用意して埋葬しています。

こういった救い主の御教えである復活の約束のゆえに石棺の中にお骨を置くというのが、基督教にとって墓石の意義です。

キリスト教 墓

なぜだか日本人の中では、キリスト教教徒というのは墓参りをしない親不孝者だというような偏見広く認知されていますが、キリスト教教徒は墓前祈祷を捧げます。

キリスト教の葬儀

教会員追悼窓口センターの葬儀、司祭が真心から提供します。

最初にキリスト教信仰者葬り援助センターに電話してください。

お亡くなりになられた病院に運搬車で運びに出発します。

それから、親族の皆様で棺に入れることを行います。

火葬場に行動して、故人様を告別します。

パスターが参列者を道案内します。

亡き人の生前の生活に感謝しながら、祈りをする時を持ちます。

聖職者がぴったりの聖書のことばを告げ知らせます。

召された方を見届けて、追悼します。

クリスチャン記念会援助対応の1日での葬儀は、会食の場所を用意します。

ファミリー葬は、前の夜の式と葬礼を行います。

確かな生花装飾を制作して、近親者と故人様をお別れします。

パスターは皆様と共に式場に赴きます。

一般的な葬送は会社の同僚や馴染みの人を参列者に呼びます。

クリスチャンのメモリアル礼拝でメッセージする牧師の派遣だけでも可能です。

界隈の葬儀屋さんに頼んでいるのだけれども、お説教はしっかりとした牧師に頼みたいという方へ。

キリスト教葬儀

広告